最低限知っておきたい!初心者のためのFX入門

近年新しい資産運用法として注目を集めているFX(外国為替証拠金取引)。このページでは、初心者の方むけに、FXの基礎知識を分かりやすくまとめています。

 

「FXに興味がある。どんな投資なの?」

 

という方は、参考にどうぞ。

初心者のためのFX基礎知識まとめ記事一覧

FXとは個人向けの為替取引です。外国為替証拠金取引とも呼ばれます。世界中の通貨を売り買いすることで利益を出します。昔は個人では取引することができない商品でしたが、1998年の外国為替及び外国貿易法改正されたことにより、外貨の運用が大幅に緩和されました。そして外国為替取引が自由化され、個人でも取引ができるようになりました。2000年に入り、外為取引を扱う業者が急増、一時期は100社近くの業者でFXを...

FX(外国為替証拠金取引)は証拠金取引です。証拠金取引とは、個人の利用者が預ける元手(証拠金)での取引を指します。ある一定基準のお金を保証金として取引会社に預けて、その5倍、10倍もの額を取引することができます。かつてFXが規制される前までは、FX業者の中には、元手の300倍400倍もの外貨を扱う事ができた業者もありました。イメージ的に、FXの場合、1万円の担保(保証金)で300万円400万分の投...

FXでは、自分が持っているお金の何倍もの金額の外貨を売買することができます。これをレバレッジと呼びます。レバレッジは株式投資の信用取引に当たり、「てこ」を意味します。小さい力で大きなものを動かすように、少ない元手で多額の外貨を扱う事ができます。例えば4万円の元手で最大100万円分程度の取引ができます。この場合、レバレッジは25倍になります。早い話、FXでは、今自分が持っているお金よりも大きな額の取...

FXでは、通貨と通貨の価格差を狙って、売買益を出すことができます。この外貨売買で利益を出すほかに、スワップ金利という収益を狙うことができます。スワップ金利とは2国間通貨(例えば米ドル(USD)と円(JPY))の金利差によって発生する利益です。スワップポイントとも言います。例えば、米ドルの金利が3.0%だとします。日本円の金利が0.5%なら、3.0−0.5=2.5%の金利差になります。これがスワップ...

当たり前ですが、FXは投資です。なので、損をするというリスクが生じます。投資の目的はお金を増やすことなので、「FXで儲けたい!100万円を500万円にしよう!」↓「まじかよ・・・、資金が10万になっちまった・・・」こんな危険は避けたいもの。FXに参加する上で大切なのはリスクへの準備に備えること。万が一の事態でも、損失はできる限り小さくしたい。そういうときに大切なリスクコントロール方法がロスカットで...

FXは外貨を売買して利益を出します。そこで大切なのが自分のポジション。ポジションとは自分がどのくらい外貨を買っているのか、あるいはどのくらい外貨を売っているのかを示す状況の事を指します。つまりポジションは持ち高を意味します。そして、FXでは買いの通貨をロング、売りの通貨をショートと言います。例えば、1万米ドルを買っているとします。そして、そのまま1万米ドルを保持します。その場合、ロング(買い)ポジ...

FXの利益は、為替差益であれスワップポイントであれ、雑所得に含まれます。年間20万円以下の利益の場合の申告不要です。もし、利益が20万円以下で他に雑所得がなければ、税務署への申告は不要です。納税義務は生じません。雑所得とは?雑所得とは、所得税における課税所得の区分の一つです。雑所得には利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得があります。雑所得の具体例としては...