儲かるときは「ガツン!」と儲かる?FXのレバレッジについて

FXでは、自分が持っているお金の何倍もの金額の外貨を売買することができます。これをレバレッジと呼びます。

 

レバレッジは株式投資の信用取引に当たり、「てこ」を意味します。小さい力で大きなものを動かすように、少ない元手で多額の外貨を扱う事ができます。

 

例えば4万円の元手で最大100万円分程度の取引ができます。この場合、レバレッジは25倍になります。

 

早い話、FXでは、今自分が持っているお金よりも大きな額の取引ができます。そのぶん、取引が上手くいったときは、大きなリターンが期待できます。

 

この投資効率の高さが、レバレッジの大きな魅力なのです

 

スポンサードリンク

 

もちろん注意点も

レバレッジは利益と損失両方に動きます。レバレッジを大きく効かせば、利益は大きくなります。また取引保証金は小さくなり自動ストップロスが狭くなります。

 

レバレッジを大きく効かせれば効かせるほど、大きな利益を得ることが出来る一方で、予想が外れると大きな損を被る場合があります。

 

レバレッジをビンビン効かせて取引をしていた場合、ほんの小さな為替変動ですら、その影響がダイレクトに響いてきます。なので負けたときは「マジかよ・・・」とガクブルな状態になるリスクも。

 

FXが「ハイリターン、ハイリスクの投資」と言われるのもレバレッジがある所以で、レバレッジを抑えれば、利益も小さくなる分リスクは軽減できます。

 

資金を減らして外貨預金と同様の効果を得るレバレッジの使い方もあるので、外貨預金以上の投資効果を得ることができます。

 

ポイント

レバレッジ=自分の手持ちのお金よりもたくさんのお金で取引ができる。その分勝てば儲けも大きくなるが、負けたときは損失も大きくなる。

 

FX業者で口座開設を申し込む際、「レバレッジの仕組みを理解している」ことが求められます。具体的には、「所持金以上のお金を動かせて、小さな資金でもリターンが期待できるけど、元本保証なし+リスクが高くなる」というリスク確認です。

 

つまり、「レバレッジを使うことは、投資リスクを背負うことになりますよ」という内容です。取引をするときは、「どこまでのリスクを許容できるか?」を考えておくことが大切かもしれません。

 

投資スタイルで使い分ける

レバレッジは、リスクを調整することにより、資金効率のよい資産運用を可能になります。攻めと守りのタイミングをつかんで、「てこ」を上手に使いこなしたいものです。

 

例えば、デイトレードなどすぐ取引終える投資スタイルなら、レバレッジを強く効かせ、為替差益を狙うことで、大きなリターンを期待することができます。

 

また、スワップ投資のような中長期投資の場合、レバレッジを低く(3倍程度)抑えることで、長期的な利回りを期待することができます。逆に、長期投資で高いレバレッジを使うと、大きなリスクを抱えることになります。

 

このように、その投資手法の長所活かせるようにレバレッジを活用することで、メリットやリスクの調整によい影響を与えることができるのです。

 

取引業者によって倍率は変わる

各外為取引業者によって最大レバレッジは異なります。 FX業界の最大レバレッジ平均は100倍〜200倍というところです。中には400倍、500倍という業者もあります

 

かつて、日本ではレバレッジが100倍200倍と、アホみたいなことができた時代がありましたが、現在は規制され、最大25倍程度のレバレッジが運用可能になっています(個人口座の場合)。

 

レバレッジをビンビン効かすことができれば勝ったときの利益が大きい一方、一回の失敗が致命傷になる可能性があります。リスクを考慮して、レバレッジと付き合いましょう。

 

FX始めるならどこがいい?

 

スポンサードリンク

関連ページ

FXとは
FXはどんな投資?初心者の方向けに、最低限のことを分かりやすく。
FXの仕組み
FXはどうやって儲ける?初心者が知っておきたいFXの仕組みについてです。
スワップ金利
FXで儲ける方法は売り買いだけではない?初心者が知っておきたいスワップ金利の基礎知識です。
ロスカット
FXは損する可能性がある投資です。大切なのは損をしそうなとき、する可能性があるとき。そこで知っておきたいのがロスカットの話。
ポジション
FXで大切なポジションについての基礎知識です。FXは買いと売り、どちらのポジションでも取引に参加できます。どちらを選ぶかで、儲けの狙い方が変わってきます。
最低限知っておきたいFXの税金の話
FX初心者が最低限知っておきたいFXの税金の話を、分かりやすくまとめています。