FXの儲けは為替差益だけじゃない!FXのこんな儲け方

FXでは、通貨と通貨の価格差を狙って、売買益を出すことができます。この外貨売買で利益を出すほかに、スワップ金利という収益を狙うことができます

 

スワップ金利とは2国間通貨(例えば米ドル(USD)と円(JPY))の金利差によって発生する利益です。スワップポイントとも言います。

 

例えば、米ドルの金利が3.0%だとします。日本円の金利が0.5%なら、

 

3.0−0.5=2.5%

 

の金利差になります。これがスワップポイントです。

 

FXの場合、高い金利の通貨を買っている場合(この場合はドル)、スワップポイントを利益として受け取ることができるのです。

 

初心者にとって、スワップ金利狙いの豪ドル(AUD)やニュージーランドドル(NZD)などの高金利通貨への投資が一般的です。なぜ利益が発生するかというと、2国間通貨の運用利回り差が出て、それがスワップ金利になるからです。

 

スポンサードリンク

 

スワップ金利発生の仕組み

会社で取引をする時、通貨ペアのスワップ金利が表示されます。表にすると、下記のようになります。

 

通貨ペア 通貨単位 買い 売り
米ドル/円 1万通貨 +180 −160

 

この時、円を売って、1万米ドルを買えば、受け取れるスワップ金利は180円になります。

 

もし、10万通貨単位の取引すると、スワップ金利収益は、
180(スワップ金利)×10万ドル(取引通貨)=18,000円

 

の収益を挙げることができます。もちろん日数分、加算されていきます。29日分のスワップ金利は、
18,000(スワップ金利)×29(日数)=522,000円

 

の利益になります(1日=180円で変動しないと仮定)。

 

なぜ利益を得られるかというと、ドル買い・円売りの取引をした場合、円の金利より米ドルの金利の方が高いからです。このように、通貨間の金利差を狙い利益を得るのがスワップ金利です

 

逆に高金利通貨を売る場合、スワップ金利はマイナスになります。この点には注意が必要ですが、スワップ金利は、外国為替証拠金取引の大きな魅力の1つと言えるでしょう。

 

また、金利投資は、デイトレのように、一日中相場を確認する必要はありません。忙しいサラリーマンの方でも取り組みやすい投資方法です。

 

基本的に、高金利通貨を買うだけなので、レバレッジを抑えておけば、夜も安心して休めるでしょう。

 

少しでも利益を多く

スワップでより高い金利を得るためには、インターバンク市場で銀行が取引するスワップ金利の水準に近い金利を提供している会社を選びます。

 

スワップ金利の水準は、各FX業者によって異なります。高いところもあれば、低めのところもあります。基本的には長期投資なので、1日や2日では違いが分からないかもしれません。

 

しかし、1年、2年すると、違いは劇的です。少しでも、金利水準の高いFX業者に着目すると、良い取り引きができるかも。

 

FX始めるならどこがいい?

 

スポンサードリンク

関連ページ

FXとは
FXはどんな投資?初心者の方向けに、最低限のことを分かりやすく。
FXの仕組み
FXはどうやって儲ける?初心者が知っておきたいFXの仕組みについてです。
レバレッジ
FXが勝てるときは大きく儲かる理由はこのレバレッジにあり!FX初心者が知っておきたいレバレッジの基礎知識です。
ロスカット
FXは損する可能性がある投資です。大切なのは損をしそうなとき、する可能性があるとき。そこで知っておきたいのがロスカットの話。
ポジション
FXで大切なポジションについての基礎知識です。FXは買いと売り、どちらのポジションでも取引に参加できます。どちらを選ぶかで、儲けの狙い方が変わってきます。
最低限知っておきたいFXの税金の話
FX初心者が最低限知っておきたいFXの税金の話を、分かりやすくまとめています。