初心者が最低限知っておきたいFXの税金の話

FXの利益は、為替差益であれスワップポイントであれ、雑所得に含まれます。年間20万円以下の利益の場合の申告不要です。

 

もし、利益が20万円以下で他に雑所得がなければ、税務署への申告は不要です。納税義務は生じません。

 

雑所得とは?

雑所得とは、所得税における課税所得の区分の一つです。

 

雑所得には利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得があります。

 

雑所得の具体例としては、

 

FXの利益
・公的年金
・原稿料
・講演料

 

が雑所得に含まれます。

 

雑所得の計算方法は、

 

雑所得=FXの利益や原稿料など、全ての雑所得を計算-必要経費

 

というように計算します。

 

必要経費としては、取引手数料やネットのプロバイダ代、書籍費等が代表的です。領収書を保管(7年間保管する義務がある)しておきましょう。

確定申告とは?

確定申告とは税金に関する申告です。

 

毎年1月1日から、12月31日までの1年間に発生した、全ての所得の額とそれに対する所得税の額を計算します。

 

そして、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告書を提出します。

 

源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などの過不足を税務署へ申告して、その金額を確定することを指します。

スポンサードリンク

 

確定申告をする必要がある人

FXをしていて、以下の条件に当てはまる方は、確定申告をする必要がありますが、実質的には非課税の場合が多いようです。確定申告書類は「申込書A」です。

 

チェックポイント
1年間の給与収入が2000万円以上の場合
2ヶ所以上で給与がある場合
同族会社の役員やその親族で、その同族会社から給与の他、貸付金の利子や賃貸料の支払いを受けている場合
FXと他の雑所得の合計が20万円以上になる場合(20万円なら確定申告は不要)
災害減免法により、源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けている場合
外国の在日公館に勤務しており、給与の支払いを受ける際に所得税を源泉徴収されない場合
給与所得がなくても、事業所得や不動産がある場合
給与所得がなくても、退職所得のある場合

 

確定申告書類作成をする場合は、国税庁のHPから作成できます。払いすぎた税金を返してもらう場合は、1月から行われる還付申告をします。

 

還付申告とは?

還付申告とは、すでに支払った税金を返してもらうための確定申告を指します。還付申告は、年明けから受付が始まります。税を支払ってから5年以内に申告します。

確定申告をする必要のない人

収入が2000万円以下でかつ、給与所得と退職所得以外の雑所得の合計額が20万円以下の方は、確定申告する必要はありません。

 

税制優遇があるFXがある?

取引会社の中には、取引で得た利益に対して、税制面で優遇がある外為商品を扱っている会社があります。FXで余分な税金を払いたくない方は、くりっく365の業者を参考にして下さい。

スポンサードリンク

関連ページ

FXとは
FXはどんな投資?初心者の方向けに、最低限のことを分かりやすく。
FXの仕組み
FXはどうやって儲ける?初心者が知っておきたいFXの仕組みについてです。
レバレッジ
FXが勝てるときは大きく儲かる理由はこのレバレッジにあり!FX初心者が知っておきたいレバレッジの基礎知識です。
スワップ金利
FXで儲ける方法は売り買いだけではない?初心者が知っておきたいスワップ金利の基礎知識です。
ロスカット
FXは損する可能性がある投資です。大切なのは損をしそうなとき、する可能性があるとき。そこで知っておきたいのがロスカットの話。
ポジション
FXで大切なポジションについての基礎知識です。FXは買いと売り、どちらのポジションでも取引に参加できます。どちらを選ぶかで、儲けの狙い方が変わってきます。