ポイントは安定力?知っておきたいスイスフラン(CHF)基礎知識

スイス国旗

 

スイスフランは永世中立国として有名なスイスの通貨です。

 

スイスフランは国際的に安定性のある通貨として知られています。EUのユーロがヨーロッパで主流を占めてなお、スイスフランの安定性と信頼性は世界の信頼を集めています。

 

スイスフランの特徴は退避性です。世界各地で戦争や紛争などの有事の際、資金の逃避先としてスイスにお金が集まる傾向にあります。

 

この理由は、スイスが永世中立国であることと、無関係ではありません。 ちなみにスイスフランの硬貨は、未だ1870年以来のデザインのまま流通しています。

 

スポンサードリンク

 

スイスフランとFX

スイスフランは多くのFX会社で取扱われています。

 

スイスフランは低金利なので、FX取引の際は長期保有から高金利通貨とペアで使われる傾向にあります。

 

また、その退避性を活かし有事の際には一躍注目を集めます。テロや戦争などの時は、スイスフランに注目してみましょう。

 

ただし、常時のスイスフランは、金利が低い(公定歩合は2%ほど)ので、スワップ狙いの長期投資には向いていません。

 

ただし、円キャリーならぬスイスキャリーという方法もあります。相場が長期的に安定しているとき、低金利通貨の真価が表れるかもしれません。

 

金利狙いの場合は、円と同じように、スイスキャリー的投資をする、つまり低金利のスイスフランを売って、高金利通貨を買うなどの工夫が必要です。

 

スプレッドもやや広めなので、短期トレードの際はコストに注意を払いましょう。

 

スイスフランは、攻めの通貨というよりも、守りの通貨かもしれません。

 

積極的な取引にはやや押しが弱い気もしますが、大切なのは使い方。スイスフランの特性を考慮した取引をしましょう。

 

スイスフランの未来

スイスフランは低金利の通貨です。2001年の9・11テロ以降、世界的な経済不況、ユーロ圏の停滞やドイツの経済不況がスイス経済にかなりの影響を与えました。

 

スイス経済は近隣国のドイツに強い影響を受けています。この理由はスイス産業の主な輸出先がドイツだからです。  

 

2005年以降ドイツの好景気でスイスフランは小さく上昇していますが上下降を繰り返し少しずつ値が動いています。

 

急激な値上がりは期待できないかもしれません。

 

初心者でも始めやすいFX業者まとめ

 

スポンサードリンク

関連ページ

FX業者の取扱い通貨ペアについて
FXではドルやユーロ、ポンド、様々な外貨を取引できますが、扱える外貨はFX業者によって異なります。詳しくはこちら。
FXと政策金利について
初心者が知っておきたい政策金利とFXについて解説しています。金利の高低とその影響とは?
米ドル(USD)
FXで取引する米ドルについての基礎知識。特徴と強み、弱みはここ。
ユーロ(EUR)
FXで取引するユーロについての基礎知識。FX初心者が知っておきたいユーロの特徴と強み、弱みはここ。
円(JPY)
FXで取引する円についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい円の特徴はこちら。
英ポンド(GDP)
FXで取引する英ポンド(GDP)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいポンドの特徴はこちら。
豪ドル(AUD)
FXで取引する豪ドル(AUD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい豪ドルの特徴はこちら。
ニュージーランドドル(NZD)
FXで取引するニュージーランドドル(NZD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいニュージーランドドルの特徴はこちら。
カナダドル(CAD)
FXで取引するカナダドル(CAD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいカナダドルの特徴はこちら。
南アフリカランド(ZAR)
FXで取引する南アフリカランド(ZAR)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい南アフリカランドの特徴はこちら。