取引通貨は10〜20ペアがスタンダード

FXでは、10〜20種類近くの通貨が取引されています。 取扱い通貨の種類は各会社によって異なります。

 

取扱われている通貨には、日本人にもなじみの米ドルやユーロからなじみの薄い南アフリカランドからトルコリラまで、世界中の通貨が取引されています。

 

一般的な傾向として、メジャー通貨の取引スプレッドは狭く、マイナー通貨の取引にかかるスプレッドは大きく開く傾向にあります

 

これは需要と供給の関係や国力の関係など、様々な要素が絡みます。

 

そのため、マイナー通貨は扱いが難しく、玄人向けの外貨かもしれません。初心者の方は、ドルやユーロなど、メジャーな通貨を中心に取引を始めるのが無難かも。

 

スポンサードリンク

 

おなじみの外貨から途上国通貨まで

多くの会社が扱う通貨は、米ドルやユーロ、円やポンドなどのキーカレンシー(主要通貨)からカナダドル、ニュージーランドドルやオーストラリアドルなどの通貨です。

 

これらの通貨は円とペアで取引されていますが、FX業者によっては米ドルとユーロなど外貨同士で取引できます。

 

外貨同士の取引によって、リスク分散や分散投資ができる点が便利です。対円のみの取引だと、円高時や市場が不安定なとき、適切な投資が難しくなるからです。

 

「基本は対円の取引で、円の状況にあわせて外貨中心の取引に」というような、柔軟な選択ができるとベターです

 

FX業者の通貨ペア数について

各業者の商品によって、通貨ペア数は違います。

 

基本的に対円プラス、ドル・ユーロを中心としたペアをそろえている商品から、マイナー通貨の取引ができる商品まで様々です。

 

10〜20ペア:標準タイプ

SBI FXトレード
マネーパートナーズ
DMM FX
など

 

21〜100ペア未満:やや多い

外為オンライン
外為ジャパン
など

 

100ペア以上

サクソ系、GFT系の業者

 

メジャー通貨を中心に取引したい方は、10ペア〜20ペアの業者、エマージングマーケットのマイナー通貨を取引したい方は、ペア数が多いFX業者がおすすめです。

 

あなたの資産運用計画にあわせた商品選択をしましょう。

 

FX始めるならどこがいい?

 

スポンサードリンク

関連ページ

FXと政策金利について
初心者が知っておきたい政策金利とFXについて解説しています。金利の高低とその影響とは?
米ドル(USD)
FXで取引する米ドルについての基礎知識。特徴と強み、弱みはここ。
ユーロ(EUR)
FXで取引するユーロについての基礎知識。FX初心者が知っておきたいユーロの特徴と強み、弱みはここ。
円(JPY)
FXで取引する円についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい円の特徴はこちら。
英ポンド(GDP)
FXで取引する英ポンド(GDP)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいポンドの特徴はこちら。
スイスフラン(CHF)
FXで取引するスイスフラン(CHF)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいスイスフランの特徴はこちら。
豪ドル(AUD)
FXで取引する豪ドル(AUD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい豪ドルの特徴はこちら。
ニュージーランドドル(NZD)
FXで取引するニュージーランドドル(NZD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいニュージーランドドルの特徴はこちら。
カナダドル(CAD)
FXで取引するカナダドル(CAD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいカナダドルの特徴はこちら。
南アフリカランド(ZAR)
FXで取引する南アフリカランド(ZAR)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい南アフリカランドの特徴はこちら。