スワップ狙いなら要注目!外貨と政策金利の話

政策金利とは、公定歩合のことで、中央銀行が一般の銀行にお金を貸す年間金利利息の割合(パーセンテージ)を指します。

 

政策金利は、景気をコントロールするために、政府の方針によって変動しています。

 

日本の場合は日本銀行(日銀)、アメリカの場合はFOMCの方針によって、時々刻々と政策金利が変動します。

 

こうした政策金利の変動は、その国の景気を測る1つの指針で、FXにおいては、政策金利は、スワップ金利狙いの投資と密接な関係があります。

 

その国の政策金利が高いほど、スワップで金利収益を狙う場合、条件がよいと考えることができます。

 

スポンサードリンク

 

政策金利の役割

政策金利は、国の経済を動かす潤滑油的な役割を果たしています。

 

例えば、金利が高ければ、私達の行動は消費よりも、預金に動き、生産活動がゆるやかになります。

 

一方、金利が低ければ、企業の設備投資や生産活動が活発になります。その結果、私達の消費活動が高まります。

 

このように政策金利は、私達の消費活動や、企業の生産活動に、大きな役割を果たしているのです。

 

金利の変動が、国の経済活動を動かす要因になっています。FXにおいては、投資のリターンに影響します。

 

政策金利が高い国は?

一般的に、政策金利は国によって異なり、金利に大きな違いがあります。この金利差を利用することで、逆にスワップポイントを狙うことができます。

 

政策金利の高い国は、発展国が中心です。逆に、アメリカや日本など、先進国の政策金利は低い傾向にあります。

 

例えば、アメリカの政策金利は数%、日本にいたっては0.3%〜0.5%と、非常に低くなっています。

 

一方発展途上の国は、比較的政策金利が高く、金利狙いの投資にはピッタリです。

 

トルコやアイスランドなどは、10%を超えることもあり、とても高金利。スワップ金利狙いの投資をするにはピッタリです。

 

その分、流通量や安定性にリスクがあります。途上国通貨に投資する際は、カントリーリスクや、為替リスクを考慮して投資しましょう。

 

FX始めるならどこがいい?

 

スポンサードリンク

関連ページ

FX業者の取扱い通貨ペアについて
FXではドルやユーロ、ポンド、様々な外貨を取引できますが、扱える外貨はFX業者によって異なります。詳しくはこちら。
米ドル(USD)
FXで取引する米ドルについての基礎知識。特徴と強み、弱みはここ。
ユーロ(EUR)
FXで取引するユーロについての基礎知識。FX初心者が知っておきたいユーロの特徴と強み、弱みはここ。
円(JPY)
FXで取引する円についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい円の特徴はこちら。
英ポンド(GDP)
FXで取引する英ポンド(GDP)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいポンドの特徴はこちら。
スイスフラン(CHF)
FXで取引するスイスフラン(CHF)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいスイスフランの特徴はこちら。
豪ドル(AUD)
FXで取引する豪ドル(AUD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい豪ドルの特徴はこちら。
ニュージーランドドル(NZD)
FXで取引するニュージーランドドル(NZD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいニュージーランドドルの特徴はこちら。
カナダドル(CAD)
FXで取引するカナダドル(CAD)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたいカナダドルの特徴はこちら。
南アフリカランド(ZAR)
FXで取引する南アフリカランド(ZAR)についての基礎知識。FX初心者が知っておきたい南アフリカランドの特徴はこちら。