怪しいFX業者も?サービスの前に信頼性を第一に

FXをするには、FX業者で口座を開設します。審査を申し込み、その審査がクリアできたらFX口座を開設できます。

 

そこからFXを始めることができるのですが、FX口座を開設する際に気をつけたいことがあります。それはFX業者の信頼性です。

 

一時期、FXがブームになったため、FXを扱う業者は100社以上に。

 

手数料やスワップ金利、商品の種類など、多種多様に用意され、競争によってサービスが良くなった反面、なかには悪質、うさんくさい業者も。

 

FXを始める場合は、よく注意して業者を選ばないと、後々のいろんなリスクを抱えます。

 

スポンサードリンク

 

だんだんと業界は安全になっています

2005年の金融先物取引法改正前は、 FX取引における法律がなく規制もなかったため、利用者と一部のインチキ業者とのトラブルが頻発していました。

 

利用者にお金を入金させて雲隠れする悪徳業者や、必要以上にお金を入金させるインチキ業者、詐欺業者が存在していました。

 

このような事例もあるので、取引会社を選ぶ際は、慎重さが欠かせません。以前は、このような一部の詐欺業者による悪質な行為が横行し、問題になっていました。

 

しかし、だんだんと取引環境はよくなっています。

 

金融先物取引法の改正、2007年9月末施行された金融商品取引法によって法整備も整ってきました。

 

これらの法整備により悪徳業者は排他されつつあります(むしろ、現在は金融庁のFX規制強化により「厳しすぎる」との意見もあります)。

 

例えば、金融庁による監督強化のため、業者にしっかりとした基準が提示されています(詳しくは金融庁が示す外国為替証拠金取引へ)。

 

しっかりとした資産運用をしたい方には朗報が続いています。

 

自分の資産を守るために

法整備が整ってきたとはいえ、どこの外為業者で口座を作るかは大切な問題です。

 

2007年10月と11月にFX業者が倒産しました。これらの会社が、顧客の資金を流用して会社の運営費用にしていたことが問題になっています。

 

その結果、2007年末からは、金融庁も取締りを強化されて、投資家の証拠金管理の不備を指摘され、行政処分を受けている業者も出てきています。

 

FX業者を管轄する金融庁が動き出したため、自己資本規制比率が低い業者は、事業停止の可能性も。

 

手数料やレバレッジ等のサービスを検討する事も大切ですが、信用できる業者を選ぶことがポイントです。

 

企業体質や背景、初心者サポート、第三者の評判など、口座開設する前に、信用を第一にFX業者を選ぶことをおすすめします。

 

FX始めるならどこがいい?

 

スポンサードリンク

関連ページ

レバレッジで大損する?
FX独自の魅力、レバレッジ。レバレッジで大儲けできるチャンスがある一方、失敗すると・・・。
常に相場変動の危険あり
FXは安心して取引を放置できない?初心者が知っておきたいFX投資のこんな悪いところです。
リスクコントロール
初心者が知っておきたいFXの悪いところ。投資につきもののリスクをどうコントロールするか、それを知らずにFXをすると・・・。
FXは元本割れの危険があり
FXで存したら最悪元本割れ!初心者が知っておきたい、FXの悪いところです。