FX初心者が知っておくと便利なFXの豆知識まとめ

儲けにはつながらないかもしれませんが、知っておくとよりFXの世界が理解できる、FXの豆知識集です。

頭の片隅に入れておきたいFX豆知識記事一覧

日々私たちはTVなどのメディアを通して円高円安について耳にします。特に新聞ニュースでよく聞く円高円安ですが、FXにはどのような関係があるのでしょうか。まずは円高と円安の意味を確認します。円高円高とは円の価値が他の外貨よりも上がった事を意味します。通常、米ドルに対して円の価値が上がった場合、円高になったと表現されます。例えば、1ドルが120円だったのが、1ドル110円になった場合、円高です。例)1ド...

外国為替市場では、買いレートと売りレート、2つの値が常に一対で動いています。買いレートをビッドレート、売りレートのことをオファーレートといいます。この買いレートと売りレートの差がスプレッドです。【例】(米ドル/円) 110.30-110.32(買値-売値)ビッド(買い) 110円30銭で売り手はこのレートでドルを売るオファー(売り) 110円32銭で買い手はこのレートでドルを買うビッドとオファーは...

FXの場合、為替レートの変動は投資益に直結する重要なファクターです。このため、レートが変動する原因について知ることが大切になります。レートが動く要因を知ることで、長期的に通貨の価値が上昇するのか、それとも下降するのかを予想することができるからです。このページでは、円の変動要因を5つにまとめています(対ドル)。変動要因はこちらでご紹介している内容のほかにもありますが、まずこちらの5点に注目して分析を...

スワップのレートは、2国間通貨の金利差により決まります。2つの通貨のうち、どちらかの金利が変われば、スワップは変わります。スワップ金利狙いの為替取引をするスワップディーラーは、金利の変動を予測して取引をします。円キャリーも金利差が重要になります。スワップ金利を手にするために、政治の動向や経済情勢など、情報収集は積極的に行います。特に、金利の変動はダイレクトにスワップポイントに影響します。また、為替...

FX業者がマーケット情報サービスの一環として、各国の経済指標を発表します。為替相場を予測するとき、経済指標は大切な数字です。変動の激しい外国為替相場を予想するファクターの1つになります。経済指標は、私たちの消費行動や生産、ニーズなどを数値化したものと考えることができます。個人消費やGDPなども経済指標の1つです。人々の消費や活動を検討することによって、社会がどのように動いているか、世界がどこに向か...

ファンダメンタルズ分析とは、経済成長率やインフレ率などの経済的要因から為替レートを予測する分析方法です。ファンダメンタルズ分析は、日本語で経済の基礎要因」を意味します。外国為替市場は、様々な要因が重なって動いています。中でも、為替レートは経済指標や貿易収支など、いろいろな原因が重なり合って値が動いています。ファンダメンタルズ分析のイメージファンダメンタルズ分析では、経済指標や経済成長率などの要因を...

テクニカル分析とは、過去の為替レートから値動きを検証して、未来の為替レートを予測しようとする分析方法です。主に、デイトレードなど短期投資に活躍する分析法です。ファンダメンタルズ分析の場合、GDPや消費者物価指数等のデータから為替レートの動きを分析します。一方、テクニカル分析の場合、基本的に過去の為替レートだけを分析するので、ファンダメンタルズ分析に比べて労力が少なく済みます。テクニカル分析は、過去...

FXで効率的に利益を挙げるためには、情報が大切です。個人投資家の多くは、マーケット情報に注目しています。とは言え、様々な情報があふれている中、初心者の場合、どのマーケット情報に注目して取引すればよいのか、分からなくなってしまいます。このページでは、知っておきたいマーケット情報の活用法をご紹介します。サブプライムローン問題以降2007年以降、サブプライムローン問題の影響で、アメリカ経済の大幅な後退が...

FXの投資手法の1つに、キャリートレードという投資方法があります。ヘッジファンドなどが、市場が安定しているときに利益を挙げる方法として使っている手法です。キャリートレードは、2国間の通貨の金利差に注意します。まずは低金利の通貨を借ります。そして、高金利通貨を借りて稼ぐ投資方法です。これは、低金利通貨の利息と高金利通貨の運用で生まれる利息の差で収益が発生します。このキャリートレードを応用した投資方法...

システムトレードとは、機械に取引を任せる売買です。通貨を買う(売る)タイミングや方法を指定します。資金管理まで機械に任せる方法もあります。システムトレードのメリットは、機械に取引を任せるので、人間の感情的な要素をカットすることができることです。テクニカル分析などを基に、売買をするので、ある意味徹底的に無機質な取引です。忙しい人も、システムトレードを使えば、勝手に機械が取引してくれるのである意味便利...