頭を使って先を予想!FX トレンド追求タイプの特徴&傾向

トレンド追求タイプは、世界各国の情勢を考慮します。

 

経済指標やテクニカル指標など、データを重視します。トレンド追求タイプは、これらのデータを基に取引する、言わば「頭脳派」タイプのトレーダーです。

 

トレンドとは?

トレンドとは、短期的に値幅が上下して行きますが、長期の視点で見たら、ある一定の方向(値が上昇する方向)へ向かう状態を指します。

 

つまり、1ヶ月から数ヶ月など、短い時間で値は下がっているけれど、1年後の値は数倍に上がっている、といった状態です。

 

トレンド派は、値幅の方向を各国のデータやアナリスト予想から検証して、投資するタイプです。値が上昇トレンドになることを期待して、中期的な視点で取引します。

 

FXでは、相場が独自の変動をします。トレンド派は、この変動の流れを読んで投資します。

 

スポンサードリンク

 

トレンド派のFX

例えば、過去のユーロ(EUR)が沸騰した例を見てみます。

 

2002年頃、ユーロは小幅な値動きを繰り返し、1ユーロ=116〜123円で推移していました。しかし、2003年の中頃には1ユーロ=138円まで上昇しました。

 

ここから、持ち合い期間が始まります。2004年から2005年にかけて、値幅が上下を繰り返していました。しかし、ユーロ圏の「経済状況は好評」とアナリストが伝えられていました。

 

トレンド派は、こういう時に、「これからユーロは上昇するだろう」と予想して、取引をします。考え方はこうです。

 

「ユーロの経済は好調」→各国のデータから判断
「アナリストは上昇を予測」→アナリスト予測
「ユーロ政府が金利を引き上げる」→買われやすくなると判断

 

これらの予測を基に、トレンド派は取引を開始するのです。

 

トレンド追求派のFXならマーケット情報&チャートが大切

トレンド派は情報重視。

 

鮮度の高い情報、便利なチャート機能があれば、じっくり投資戦略を練るトレンド派の取引が、より充実したものになるでしょう。

 

トレンド派重視の投資をするなら、情報サービスがたくさんある外為業者や、チャート機能が充実した業者がおすすめです。

 

こういう方が向いています

トレンド派は、情報を収集して、じっくりと投資をします。多少の値動きも気にしません。じっくり考えて判断する、熟考型の方が成功しやすいタイプです

 

反面、短期的な利益を得たい方に向いていません。しかし、予想を立て、トレンドをつかめば、忙しい方でも投資することができます。

 

トレンド追求派向けのFX業者

トレンド派のトレードに必須なのが情報収集能力。マーケット情報が充実している業者を選ぶことで、相場を動かす様々なデータを検討することができます。

 

FX業者のなかには、口座会員限定リポートやアナリスト分析など、情報サービスが豊富なところも。

 

情報充実度でFX業者を選択、あなたの投資に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

初心者でも始めやすいFX業者まとめ

 

スポンサードリンク

関連ページ

デイトレードタイプ
FX初心者が知っておきたいFX投資スタイルその1。ポピュラーかつ結果が出やすいデイトレードタイプのスタイルの特徴&強みと弱みです。
スワップ金利狙いタイプ
FX初心者が知っておきたいFXのトレードタイプその3。じっくり投資したい人はスワップ金利狙いのFXがいいかも。
分散投資タイプ
FX初心者が知っておきたいFXのトレードタイプその4。儲けより安全重視、堅実にコツコツ稼ぎたい分散投資FX派の特徴&傾向です。