男性からの別れのサインをキャッチすれば、もうあなたが傷つくことはない

マジで別れる5秒前

素晴らしい男性と出会い、順調に交際が進み、そしてゴールインする。これができれば何の苦労もなし。

実際には、良い男性と出会っても交際がうまくいかず、破局してしまうことも少なくありません。

特に、ある日突然男性から心変わりを知らされて振られてしまうことは、ショックなこと。今後の恋愛にも支障が出るので、できれば傷つかないに越したことはありません。

だからこそ大切なのは、男性の「変心」に早く気づくこと。そうすれば、心の準備ができて、新しい出会いを探す余裕を持つことができます。

では、具体的にどんな予兆が別れのサインなのか。この記事で特に重要なサインを3つ、お伝えします。

あなたが現在交際中の男性にこのようなサインが出たら、残念ながら別れは近いかもしれません。

何があっても慌てないよう、ぜひ心に留めておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

1・連絡が来なくなった

基本的に男性の思考はシンプルです。好きな女性とは会いたい。抱きたい。だから好意があるうちは、積極的に女性の気持ちをつなごうと連絡してきます。

しかし。

気持ちが冷めてしまい、もう女性を想う気持ちを以前より感じなくなってしまった。その場合は、驚くほど冷淡になります。

連絡するのがだるい。会うのがめんどくさい。時間を作るのがめんどくさい。それなら自分の時間を大切にしたい。だから女性を放置する。

残念ながら、これほどシンプルに、行動が変わってしまいます。

もしあなたが交際中の男性から以前頻繁に連絡が来ていたにもかかわらず、急に連絡が来なくなった場合。

男性が考えていることはシンプルです。距離を置きたい。別れたい。貞操観念がない男性なら他の女性と絶賛浮気中。

正直なところ、あまり良い期待はできません。

関連記事

最近婚活で出会ったあの人が予定をはっきり教えてくれなくなった。そのときはもう

2・話を聞いてもらえなくなった

男性は基本的にムダな努力を嫌います。つまり、それをしても自分には意味がない。そういうことは、極力やりたくない生き物です。

その1つと言っていいのが、女性の話を聞くことです。

女性からは失望されるかもしれませんが、男性は女性の話を聞くのが苦手です。人によっては嫌がります。

というのは、男性の会話は目的ありきであって、理由がない会話はただの時間のムダだからです。

女性同士のように、会話をしてコミュニケーションを取ることに意味を感じる生き物ではありません。

しかし、女性と付き合いたての男性は、女性の話を聞くことの大切さを知っているので、積極的に話を聞きます。

「俺は彼女を大切にするんだ」という気持ちがあるうちは、会話が苦手な男性も、頑張って女性の話を聞きます。電話だってするでしょう。

しかし。気持ちが冷めてしまえば、話の聞き役になるのも面倒になります。いや、もっとハッキリ言うと、苦痛になります。

つまり、興味がなくなった女性の話を聞くのは意味がないしだるい。苦痛。だからいちいち話はしたくないし、電話なんて論外。

このように「豹変」します。

3・会えなくなった

男性の気持ちが完全に冷めて別れを決めている。この一番決定的なサインがこちら。デートが決まらない。いろいろ理由をつけて会ってくれなくなった。

これは女性でも同じかもしれませんが、もう興味がない人。会う意味を感じない人とは、いちいち時間を使って会うことはしません。

特に男性はムダを嫌うので、この傾向が顕著です。

「もう彼女とは別れたい。一緒にいたくない。時間を過ごしたくない」

そう心で決まっているなら、会うことができなくなります。

その際は、仕事で忙しくなったとか、いろいろ言い訳をして、連絡回数が激減するなどの予兆が必ずあります。

イメージとしては、

1・まず連絡が激減し、やがては男性から連絡が来なくなる

2・放置が続く

3・女性から連絡して「会おう」と言っても会えない

このような感じです。

場合によっては、1の段階で男性の気持ちを変えられる場合もありますが、第三段階まで来たらもう、別れを覚悟した方がいいでしょう。

最後に

恋愛はいつも同じ状態ではありません。人の気持ちは必ず変わります。だからこそ、鉄は熱いうちに打て。

「この人!」

と思ったら、迷わず前へ進み、早めにガッチリ、男性の心をつかんでおくことが大切です。

しかし、ご縁がなかったのか、「別れ」の運命となる出会いもあります。その場合は無理に相手に執着するのはNG。

早めに別れをサインに気づいて、それを受け入れて、新しい出会いを探すことが、最終的にはめでたしめでたしにつながっていきます。

この記事を読んでいるあなたはおそらく、予兆を感じているはずです。突然のことで傷つかないために、ぜひ、心の準備をしておくことをおすすめします。

あわせて読みたい

結婚は結局ご縁だ