風水は参考にしてもいいけど信じる必要はない話【体験談】

風水にうるさい女性

「今すぐ運を開運する。ツイてることが起こりまくる人生にする!」

そこでついつい参考にしてしまうのがいわゆる風水。

このページでは風水がなんぞやという話は一切割愛して、風水を活用すれば本当に運勢が開運するのか?いいことが起こりまくるのか?

個人的な体験をもとにした意見をお伝えしています。

「風水?そんなもんでツキまくったら人生苦労しないだろう」という現実的なあなたには一切の参考にならないかもしれません。

一方で「風水が気になって仕方がない!」というあなたには、目が覚めるきっかけになるかもしれません。

参考にどうぞ。

スポンサーリンク

風水は参考程度が一番いい!

まず最初に結論から。

風水の効果は「再現性」がありません。すなわち、風水の教えに書かれた通りのことをしても、必ず同じ効果が出るかどうかは微妙です。

このため、「あくまで個人の範囲内の話と考えるのが自然」というのが結論です。なぜか。実際に試して「そうなったから」です。

すなわち、風水で良いとされることをしたところで必ずしも良いことが起こるわけではないし、「これはNGです!」と風水を説く人が言っていることをしても。必ずしも悪いことが起こるわけではありません。

このことから、冷静に考えると効果に再現性なし。せいぜい「体験談」として参考にする話に過ぎないと考えるのが自然です。

歴史が教えてくれる事実

あなたは知っていますか?

中国の都などは必ず、風水の思想に基づいて都市設計がされています。しかし現実はどうか?時代とともに王朝は変わり、支配者は変わっていきます。

それは日本でも同じこと。

東京の前身である江戸。この街は徳川家康が関東に移ってきて以来、南光坊天海というお坊さんの風水思想に基づき、鬼門がどうとか、様々な対策の上で、街づくりがされてきました。

その結果、徳川300年の時代が訪れますが、あなたもご存知の通り、徳川家が東京を支配しているわけではありません。

考え方としては興味深い話ですが、それはあくまで興味深いという話。実際どんな効果が出てどんな効果が出ないのか。

気にしすぎる必要はありません。

風水的に凶なのに繁栄している家がある現実

具体的な人名等伏せますが、個人の範囲内で非常に風水に関しては面白い話を知っています。

たとえある家の話。

玄関に入ってすぐ正面に窓があり、右側には鏡が設置してあります。あなたが風水について詳しいなら「ピン!」と来るかもしれませんが、これは風水的なNGな家相。

漏財宅と言われる「お金がたまらない」と言われる家ですが、この一家。お金に困ることなく、毎年のように海外旅行を楽しんでいます。そして常にお金に恵まれた、余裕のある暮らしをしています。

もし風水が絶対の法則を示しているならば、現実問題、そうならなければおかしいと考えるのが自然な話です。

ところが実際問題、このような例はゴロゴロあって、いわゆる風水的にNGな家に住んでいても発展する人は発展しますし、風水的に最高の家に住んでいても没落する人は没落する。そういう現実があります。

風水は参考程度に

とはいえ、私はあなたに「風水は全く勉強する意味がありません」と言いたいわけではありません。

実際のところ、行動に移したところ「効果があったかも?」と多少は感じられることが起こる場合もあります。

例えば、「財布を箱に入れて、寝室の北側、暗くて静かな場所に安置しておくと金運が上がる」という話。これについては個人で試して「そうかもしれない」という変化を実感できました。

だからこそ「個人の体験談の範囲」で参考にするならば、風水は取り入れる価値があるかもしれません。

「良い情報だけ」試せばOK!

問題なのは、風水にとらわれて、頭でっかちになってしまうことです。

「この場所にこれを置くのは凶です!」と風水が考えているにしろ、そんなことは気にしなければ関係ありません。

つまり何が言いたいのかというと、都合の良い情報だけ取り入れれば良くて、凶だとか悪いだとか、そんな不安を感じさせる情報は一切無視すればいい、という話です。

風水はいわゆる環境学。すなわち、家という環境を快適にするための学問と考えることが大切ではないでしょうか。

それなら、いかに自分や家族が快適に過ごせる環境に整えるのか。そう考えて、家具の配置などを考えていけばいいだけの話。

「ここにこれを置くのは感じが良くない」と考えればそうすればい話であって、凶だとかNGだとか、囚われすぎることは思考停止。

むしろ、風水に依存してしまう思考そのものが、不運を招く原因になります。

まとめ

以上、風水について個人的な体験から、一つの意見を提示しました。

結局何が言いたいのかというとこれだけです。

「風水を取り入れるなら都合が良い話だけ。○○は凶とかそんな話は再現性がないので無視すればOK。気にする必要なし」

という話です。

ちなみに蛇足ですが、占いとかで、「あなたは○○しなければ不幸になります」など、あなたを脅したり不安にさせたりする人は何らかの目的を持つ詐欺師なので、無視しましょう。

風水も同じです。あなたを不安にさせようとする話を信じる必要はありません。占いなど、都合の良い話だけ参考にすればいいのです。

むしろ、風水に依存して思考停止してしまうことこそが、真に災いを招く原因です。

最後に

自分の頭。自分の感覚を信じて、快適な空間を作ること。それが正しい風水との付き合い方というのが私の感想です。

もしあなたが、風水が気になりしすぎて頭でっかちになっているなら。風水に依存することそれ自体が、運を下げる原因になっているかもしれません。

何かに依存することそれ自体は自分の主体性を失う行動です。だから何かに依存すればするほど、運勢がダウンします。

ということで、風水など結果論で冷静に考えればOK。効果があればそれで良し。「○○だから凶!」なんてことはありません。

以上、一つの情報として、参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

人生失敗続きだった私が開運に興味を持った理由

なぜ物を大切にする人に運が巡ってくるのか?

運気を上げる手っ取り早いコツは運のいい人と付き合うこと。では身近に運のいい人がいないなら?