成功者はやっている?ゲン担ぎする意味と理由

これが私のゲン担ぎ!

人生山あり谷あり。

良い時期があれば悪い時期があり。生まれてから死ぬまで、良いことだけを経験することはできません。

1年365日のうちも、

「このときは良かった」

というときと、

「このときは悪かった」

となるのが自然な流れです。

スポンサーリンク

ツイてる人 ツイてない人の決定的違いとは?

とはいえ、人生の総合で考えれば明らかに、運が良い人と、運が悪い人がいます。

運が良い人は、悪運がやってきても、すぐにそこから抜け出して幸運をつかみ、人生の上昇気流を昇っていきます。

一方で、運が悪い人は、一度やって来た不運からなかなか抜け出せず、まさに不運に足を取られ、ズルズルと悪い方へ、人生が引きずられてしまいます。

だからこそ大切なのは、運が悪いとき、いかに早く悪い流れをさっぱりリセットすることができるか。

そこがまさに、人生でツイてる人。ツイてない人の、大きな差になります。

これがゲン担ぎをする意味!

ではどうやって、人生がツイてないとき、早急に悪い流れから自分を助けることができるのか?

そこで注目したい話が、ゲン担ぎです。

この世の中でしぶとく生き残って儲け続ける社長と、ピンチでダメになってしまう社長の特徴を述べた本『3万人の社長に学んだ「しぶとい人」の行動法則』では、ゲン担ぎの重要性について、次のように述べられています。

長いですが、重要な部分なので、そのまま引用します。

儲かっている人、しぶとい人に共通しているのは、運気の波を感じる能力に優れていることです。

「運気」というと、スピリチャル的でうさんくさいと思われるかもしれませんが、実際に私が多くの経営者の話を聞いて確信したことです。

彼らの運気に関する考え方はこうです。

「運はいいときもあれば悪いときもあるので、ジタバタせずに受け入れることが大切。

運気が好調のときは、思い上がることなく平常心でいることが肝心。逆に、運気が低迷しているときは、何をやってもうまくいかず、連戦連敗が続くものである。

それを脱するためには、運気が低迷していることを早く意識して、対策を打つことが大切である」

そして、ここで言う「対策」とは、なんと「ゲンをかつぐ」です。

ゲンかつぎの本当の効果は、運気をよくするというよりも、不運だと思って落ち込んで消極的になる気持ちをリセットすることにあります。

儲かっている人は、失敗や挫折の気持ちを引きずることなく、「自分は運がいい」と自らに言い聞かせて次の行動に移ります。

また、ゲンかつぎの方法は、神頼みや霊能力者に頼むななどといった他力本願的なものではなく、自分が行動する内容であることがポイントです。

P16~18

この話を読んだとき、正直まさに、落雷が落ちたような衝撃を受けました。

そう、運は皆悪いときがある。どんなに人生がうまくいっている人だって、ツイてないときがある。

しかし本当の問題は、ツイてないときの対応にある。ツイてないときは一刻も早く、運気を変えるための対策を打つこと。

それがゲン担ぎというわけです。

山あり谷ありの人生を乗り越えるために

私自身、フリーの事業主として100%完全自己責任の仕事でお金を稼いでいる身分。

努力したとか、最善を尽くしたとか、そういう言い訳をしても、結果が悪ければダイレクトに収入が下がります。

そして、死ぬほど努力して工夫したのに努力が実らず、収入ダウン。悔しく、不安な思いをすることもあります。

しかし、特に努力していないのにアホみたい良い結果が自然に出ることもあります。一体これはどういうことなのか?

そう、人生は努力だけでなんとかなるものではないこと。結局は、運も必要であること。そのことを否応なく実感させられています。

そして、悪いときは悪いことが続きます。

だからこそ、先に引用した言葉は衝撃であり、自分がうっすらと考えていた運勢の話は本当のことだったと、確信しています。

私もこの話を知り、

「ここ最近ちょっとツイてないぞ・・・」

と不安になった日は、

1・赤い下着を身につける

2・トイレ掃除をする

この2つを、ゲン担ぎにすることにしました。

そして、自分の気持ちが不運にとらわれないよう、気持ちの切り替えをするようにしています。

こうした努力はささやかですが、とても大切なことであることを、実感しています。

具体的なゲン担ぎ方法はこちら

ゲン担ぎで自分自身を立て直す!

以上、

「運勢が悪いときは更に悪運を招かないことが大切。そのためにゲン担ぎがおすすめ!」

という話ですが、大切なのは他力本願にならず、自分で自分の気持ちを変えられることをゲン担ぎにすること。そして自分の気持ちをスッキリ切り替える努力することです。

不運なときになぜさらなる不運を招きやすいのかというと、

ツイてないことが起こる→精神的に動揺する→冷静に考えて行動できない→普段ならしないような失敗をしてしまう

というコンボが原因。

しかし、ツイてないことが起こっても、精神的にダメにならず、冷静かつ楽観的な気持ちを保つことができれば、ピンチはチャンス。

打開策を見つけやすくなります。そこでゲン担ぎが役に立ちます。

それはすなわち、自分はこれから自分のことをなんとかしたい意思を示すこと。ゲン担ぎで気持ちをリセット。

精神的にダメにならなければ、実際問題、悪運を止める手立ても見えてきます。

まとめ

ということで最後にまとめです。

ゲン担ぎの大切さを知ることは、あなたの人生において一生涯役に立つ知識となります。

いろんな方法がありますが、ぜひ、あなたが

「これは自分のゲン担ぎ!」

という気に入ったことを見つけ、ゲン担ぎにしてみてはいかがでしょうか。

そして、何か悪いことが起こって、不運の足音を感じたら。そのゲン担ぎで気持ちをリセット。

前向きに問題を対処できる自分を作ってはいかがでしょうか。これは地味ですが、あなたの運勢を狂わせない大切な習慣になるでしょう。

ポイント

・人生しぶとく生き残り続ける成功者は、自分なりのゲン担ぎの方法を持っている。

・ゲン担ぎは運勢を良くするためというより、運勢が悪くなったときに行う。

・ゲン担ぎをすることで、自分の気持ちをリセット。悪運をストップさせるために行う。