参拝したけど○○だった。そんな神社は行かない方がいい神社かも

お金ラブの巫女

世の中には、

「○○神社は開運神社だよ!」

「パワースポットで元気がもらえるよ!」

「縁結びで彼氏ができるよ!」

といった、ご利益が評判が噂になっている神社があります。

参拝者の喜び声が評判になる神社はそれなりの理由があるかもしれないので、足を運ぶ価値はあります。

しかし、実際に神社に訪れてこんな感想を持ったなら。そこはあなたにとって良い神社ではありません。

むしろ、行かない方がいい神社かもしれません。

スポンサーリンク

はじめに

神社にはそもそも、相性があります。

つまり、ある人にとって最高の神社でも、あなたにとって、最高の神社ではない可能性がある、という話です。

ではどうやって相性を見つけるのか、という話ですが、世の中では「神社の属性」などが言われます。

個人的な感想としては、属性云々はあまりアテにならない気がします。

それより、実際に神社に足を運んでみて自分がどう感じたか。どんな印象を持ったか。その方が、はるかに大切なことだと感じています。

そこは有名なパワースポットのはず。しかし参拝後

例えば、全国的にも歴史あるパワースポットとして評判な某神社。

足を運べばいつも観光客がおり、雰囲気がザワザワして、どうにも落ち着きません。

そして、神社を足にしたあとは、体がなんとなく重くなったり、神社に参拝した気持ちにならないのです。

おまけに、神社で働く人の雰囲気や態度も、偉そうな態度で、正直好感が持てません。

御朱印帳を記入してくれた50代と思われる男性は、御朱印帳をお願いすると「ふん」という態度。

「感じが悪いなぁ・・・」

と思っていたら、ギラギラ光る某高級腕時計をして、どうにも神社で働く人の雰囲気とは違うのを感じたことを覚えています。

巫女の人も「ツン」とした感じで、何度も参拝に訪れたい気持ちにはなれないのが正直なところでした。

ご利益どころか悪影響も?

それで調べてみると、有名な神社は、「ここがパワースポットです」という評判が広まると、様々な人がたくさん訪問。

それでマイナスの気を持った人も訪れるようになり、そのマイナスの気がそこに停滞して、悪い気のたまり場になるそうです。

だから必ずしも有名で評判の良い神社がすべての人に良い影響を与えるとは限らない、という結果になるようです。

この意味で大切なのは自分の感覚。神社の雰囲気。参拝しているときの感覚。自分の感覚を大切にするほうが、パワースポットに関しては間違いなさそうです。

いくら有名な神社でも、

「この神社は感じが悪い。宮司や巫女の態度が・・・」

というところはやめておいた方が良さそうです。

本当のパワースポットは体感で分かる!

良い神社は、有名無名なく、参拝したとき、体の感覚が明らかに違います。

まず気持ちがしっかり引き締まります。なのに体はリラックスしていて、その空間がとても居心地が良いです。

おまけに参拝したあとは、なぜか心が軽やかで明るくなり、非常に気分が良くなります。

「これがパワースポットの影響である」

と証明できるものは自分の感覚しかありません。

でも、明らかに参拝前と参拝後、自分のなかの何かが変わっている。それだけは確かに感じることができます。

そしてその後、仕事が順調に進んだり、人間関係が思わぬところから広がったり、まさにご利益。自分の努力だけではなんともならない道が開けたりします。

そう、相性の良いパワースポットに訪れる効果は、本当にバカにできません。

個人的に参拝して非常に良かったおすすめ神社はこちらでご紹介しています。参考になれば幸いです。

開運のために参拝したいおすすめの神社

まとめ

最後にまとめです。

「この神社は最強のパワースポット!おすすめだよ!」

という神社でも、相性の良し悪しがあるので、必ずしも「自分にとって」最強の開運神社になるとは限りません。

・雰囲気が好きになれない神社

・参拝後に疲れたりネガティブな気分になってしまう神社

・宮司や巫女など、神様に仕えている人たちの態度が良くない神社

こういう神社は相性が悪いので、いくら有名な神社でも、やめておいた方がいいでしょう。

一方で、

・雰囲気が好きで、そこにいるだけで居心地がいい神社

・参拝後に気分が晴れやかになったり、前向きな気持ちになれる神社

・気分良く参拝できる神社

は、あなたに相性の良い神社です。

ぜひ、有名無名関係なく、あなたと相性ぴったりの神社を見つけて、そこをひいきに、定期参拝をしてみてはいかがでしょうか。

人生が最高に開運できるかも。