そもそもなぜ、神社で開運なのか?

神社に参拝するゴージャス美女

人生幸せになるために、努力することは大切です。

しかし、このサイトを読んでいるあなたはもしかしたら、

「人生は努力だけではどうにもならないのではないか?」

という疑問を持っているかもしれません。

そこで、神社に参拝。神様にお願いをするという、人類が誕生以来ずっと続けてきたことに興味を持っているのかもしれません。

そしてそれは正しく、神社に参拝することは、参拝しないよりもずっと、人生開運するための機会を手に入れることができるのです。

スポンサーリンク

なぜ成功者は神社参拝を欠かさないのか?

あなたは知っていますか?

いわゆる成功者と言われている人や、この世で経済的に成功して、良い暮らしをしている人ほど実はこっそり、神社に参拝する習慣を持っているということを。

それは現代だけの話ではなく、ずっと昔から、この世で成功した人は、神社に参拝し、祈り願い、生きているうちに成功をおさめ、歴史に名前を残してきました。

今でも、政治家や経営者。成功している人たちはこっそりと神社に参拝。その御利益を得ています。

なかには、特定の神様を信仰。会社のなかに神棚を作って、祀っている経営者もいるくらい、興味深い事実があります。

例えば、日本大企業経営者として歴史に名前を残したパナソニックの松下幸之助。

源頼朝をはじめ、織田信長、豊臣秀吉といった日本の覇者たちも参拝した石清水八幡宮にを熱心に参拝。

大成功のきっかけとなる二股ソケットを発明。世界的大企業になったのは有名な話。

この意味で、人生で開運し、成功するためには、神様の話は、バカにできない事実が隠されているのかもしれません。

神社で悪い気をリセット!

難しい話は抜きにして、大切なのは神社に参拝し、心を清めること。

神社とは自分の願いを祈り、謙虚に自分を見つめる場所です。そこで心を沈め、清め、自分と向き合うわずかな時間。

悪い気を払い、心を清めて良い気を身にまとう。これによって運のマイナスをプラスにチェンジ。また新しく、前を向いて進んでいくことができます。

私達は日々の暮らしで、様々なマイナスの気にさらされています。

それは心の奥にたまるほこりのようなもので、そのままにしておくこと、心はくもり、正しい判断。正しい行動ができなくなってしまいます。

だからいくら努力しても、不運につきまとわれ、人生開運することができません。

結果が教えてくれること

困ったときの神頼み。

神様も、普段から努力もしないで良い結果だけを手に入れようとする人を応援する気にはならないですが、真面目に、そして誠実に生きている人なら、きっと応援してくれるはず。

そして実際、世の中で成功をおさめている努力の人は、人しれずこっそりと神社へ参拝。開運している事実。

実際に神様がいるのかいないのか。それは結局証明できないので、断言はできませんがただ一つ大切なこと。

人生がうまくいっている人は神社参拝を習慣にしていること。そして、神様についての知識をたくさん持っていること。

この2つに、開運のヒントが隠されていることは確かです。

開運を期待する意味

開運の神様を知り、祀られている神社へ参拝。そこでエネルギーをいただく。

これは根拠のない、非科学的な話のように思えますが、実際問題、科学で証明できなくても、人生には運という、大きな何かがあるのは確かです。

なぜある人は順調に人生がうまくいき、幸せに暮らしていけるのに、なぜある人は人生でつまづき、願いが叶わず、不幸な暮らしを強いられているのか。

それはただたんに、努力不足とか、そういう問題ではないと感じています。

だからこそ、開運という考え方は、他力本願ではなく、人生をよりよくしていくための、実践的な知識になると考えています。

もちろん、神社への参拝を始めたところで、今すぐ人生で奇跡は起こらないかもしれません。

しかし、自分のなかで何かが変わる。そして、空気が変わり、流れが変わる。そういうことが起こるかもしれません。

この意味で開運したい。そのために神社に参拝することは、とても大切な方法と感じています。すなわち開運の願望を持つことは、人生を変える第一歩になりうるのです。