これでご利益実感?おすすめの神社参拝法

願い事を祈る女子

神社に参拝し、神様にご挨拶。そこでご利益を得て、人生が開運する。

ところが、人生スムーズに開運できる人がいる一方、神社に参拝してもなかなか開運できない人がいます。

神社に参拝してもなかなか開運できないのはなぜなのか?その原因はもしかしたら、参拝の方法が間違っているのかも。

そこでこのページでは、神社に参拝して開運したい人が押さえておきたい、おすすめの参拝法をご紹介。

気になったことがあれば、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

毎月参拝する

神社に参拝してもなかなか開運できない。

そんなとき真っ先に試したいのが、定期的に参拝すること。

月初め、月の中頃、タイミングは細かく考えず、まずはお気に入りの神社に毎月必ず参拝する。

義務感で参拝するのはよくないですが、自分には願いがあり、しっかりと開運したいと考えている。

それを神様に見せる姿勢として、定期的に参拝して、ご挨拶にうかがう。これはとても大切なことです。

参拝日については、1日がいいとか15日がいいとか、いろんな意見がありますが、大切なのは気持ちだと思います。

月1できちんと、気持ちを正して参拝する。そうすれば日にちは特に関係ないと感じています。

実際、私も月初めに参拝することがあれば、月の終わりになることもあります。日にちにこだわるのは形式主義になってしまいます。

自分が行けるとき、参拝すればいいのではないでしょうか。

参拝の作法を守る

次に大切なのが、神様にごあいさつするときの作法。神社に参拝する目的は開運することですが、そのためにもきちんと礼儀を守ることが大切です。

神社はまず、自分・自分で願いをただお願いする場所ではなく、日頃の感謝を神様にお伝えする場所。

そのため、ご利益しか考えずに参拝しても、あまり良い結果にはならないかもしれません。

自分・自分の態度で参拝するのではなく、まず自分は何者なのかをお伝えし、そして「いつもありがとうございます」という感謝をお伝えする。

その上で、自分は何をどうしたいのか、自分の願望と気持ちを心のなかで念じます。そして、願望を現実にするために自分は何をするのか。きちんと伝えることが大切です。

例えば私の場合、神社にうかがったときは、

「○○からまいりました、誰々です。お世話になっております。いつもありがとうございます」

と名前と住所、感謝を心の中でつぶやきます。その上で、

「私はこんなことをして人生開運したいと思っております。そのために自分はこんな努力をするつもりです」

ということをお伝えします。

すると気持ちがスッとなり、自分の願望が心のなかに刻みこまれます。そして神社をあとにしたときは、なぜか心が軽やか。気持ちが自然と、前向きになっていることに気づきます。

このように、自分・自分と欲や願望を全面に出して参拝するのではなく、まず1に感謝。そして開運の目標を伝える。

必要なステップがあると感じています。

参拝のマナーを守る

当たり前かもしれませんが、神社にはお参りさせていただく立場です。

そこで、だらしなくふるまったり、ルールを守らずに参拝しても、神様に失礼です。

一般的な常識はもちろんのこと、きちんと神社に参拝するときのルールを守り、人として正しく謙虚に参拝させていただくことが大切です。

手順としてはこのような具合です。

本殿まで

まず神社には正面から入り、参拝します。

正面から本殿へ参拝する道は神様の道。これはパワーをもらうためにとても大切なこと。入り口が複数ある場合は必ず正面から入ります。

ちなみに、鳥居をくぐる前に、服をただし、汚れがあればきちんとはらっておくのがおすすめ。そして、もちろん、鳥居をくぐるさいは、きちんと一礼を忘れずに。

手水舎

きちんとルール通りに、手順を守ります。この動画のとおりにすればOKです。

本殿で

本殿に到着したらまず、鈴を鳴らします。そして、お賽銭をいれます。

金額について考え方はいろいろありますが、別に1,000円とか1万円とか、負担になる金額を入れる必要はありません。5円や50円など、区切りのよい金額で大丈夫です。

結局は気持ちの問題なので、自分が納得できる金額がおすすめ。「安い金額では神様に失礼だ」と思う場合は、いっそのこと賽銭ではなく、社務社で寄付をするのがいいかもしれません。

ご挨拶で

お賽銭を入れたら、二礼二拍手一礼。そして、まず自分の名前に住所、そして日頃の感謝をお伝えします。

そのあとで、願い事を言います。そのあと、神道の祝詞である「払え給え清め給え」(はらいたまへきよめたまへ)を唱え、一例し、本殿をあとにします。

まとめ

以上が、神社に参拝するときのおすすめの手順になります。

ご利益を実感するためにはまず、きちんとした手順で参拝。ルールを守り、失礼のないように参拝することが大切です。

それは心構えであり、手順を守ることです。

きちんとしかるべき方法で神社に参拝する。それによって、自分自身の振る舞いが変わり、開運を実感できるかもしれません。

神社に参拝して開運したい。願望を実現したい。そんなかたはぜひ、参考にしてみてください。