アラサー婚活女子だからこそ最初のデートは割り勘を申し出た方がいい理由

初デート成功!

婚活で気になった男性と意気投合。何もかも順調に進みいよいよ初デートに。

結婚へ具体的に話を進めていくためには、絶対にこの最初のデートで失敗できないもの。そこでこのページではあえて、あなたが知っている常識とは少し違うお話をさせてもらいます。

「それはおかしいでしょ!」

とあなたは感じるかもしれませんが、

「男性のなかにはこんなふうに考えている人もいるのかぁ」

という気持ちで読んでみてほしいと思います。

男性はあなたのココを見ています

婚活で知り合い、実際にあなたと男性がデートして顔を合わせることになった。

この段階においては、あなたも男性も、お互いにそれなりの関心を持っているはず。ここで男性があなたのことを気になれば、自分のことを積極にPRしてきます。

とはいえ、男性の中にはとても慎重なタイプの男性がいて、そういう男性ほど、実はスペックが高い傾向にあります。

そして彼らは、

「この女性とは本当に時間をともにする価値があるのか?」

「このまま前へどんどん進めていって良いのか?」

「この女性にお金を遣う意味はあるか?」

ということを、あなたと時間を過ごしている間に、冷静に観察しています。

そしてとくに、会計時のあなたの態度や対応は、とくに厳しく目を向けています。

一般的に、

「最初のデートは男性が全額支払うもの」

というのが共通認識ですが、30代同士の婚活においては、むしろあなたから積極的にお金を払う姿勢を見せておくことが大切です。

そしてもっとハッキリ言ってしまえば、よほど男性が積極的に支払いをしようとしない限り、あなたもきちんとお金を出した方がいいです。

男性の本心を知っておきましょう

「最初のデートは男性が払うもの」

というのが世間の常識(と思われています)ですが、なぜ婚活中のあなたが最初のデートで自分の分を支払う必要があるのか?

その理由を一言で言うと、「ライバルとの差別化」です。

実を言うと、婚活において多くのアラサー女性が、男性との最初のデートにおいて、

「男性がお金を払うのは当然」

という態度を示すことが多いのが現実です。

男性が実際のところどう思っているか、

「婚活女 態度」

「婚活 デート 男性が払う」

で検索して、男性の生の意見をチェックしてみてください。

30代男性と20代女性など、年の差や年収に差がある2人なら男性側も負担を感じません。

ところが、30代と30代など、同い年同士の男女の場合、男性も実は「割り勘がいい」と思っています。

しかし「一応最初のデートは払う」という態度を取っている男性は、女性の態度がどうであれ、紳士的に払ってくれます。

それで男性はその後女性を切り別の女性を見つける、という具合です。

たったこの3つであなたはライバルを出し抜けます

なぜこのような話をするのか?

感のいいあなたならお気づきかもしれませんが、30代独身で彼氏なしのあなたが婚活で逆転するためには、他のライバルたちと同じことをしていてはいけません。

あなたが美貌や年齢、お金など、他のライバルたちと圧倒的に差をつけられるくらい有利な状況にあるならばその必要はありません。

しかし、今まで婚活をしてきたにも関わらず、結婚できていない。他のライバルたちと比べて何か特筆して売りになるポイントがない。

それであるならば、あなたは他のライバルたちと同じ姿勢で婚活に望んではいけません。

逆に、他のライバルたちがしないことをすることによって、あなたは見事ゴールインできる確率がアップします。

その一つの方法が、最初のデートでの対応。

すなわち、

・積極的に男性を立てる。自分がべらべら話をせず、男性の聞き役に周る。

・会計時にはきちんとお金を自分から支払う姿勢をきちんと見せる。

・男性がよほど積極的に会計をしようとしない限りは、きちんとあなたの分のお金を出す。

これだけでも、男性の印象はガラリと変わります。

「この女性、いい人だな・・・」

と他の婚活女性たちを引き離して、あなただけが大きく前進することができます。

最初の段階は男性に負担をさせないのがコツです

筋を言えば、デートは男性がリードする。そして、男性が女性の分もきちんと払う。

そうして欲しいのが女性の願いでしょう。

ところが現実問題、婚活中の女性のなかには、「男性が女性を立てるのが当たり前!」と傲慢な態度を取る女性もいるです。

そして、男性のなかにはそれを顔に出さずにお金を全額負担する紳士の人もいますが、内心は「こんな女性と将来はないな・・・」と即座に決断。

見切りをつけられてしまいます。

実際のところ、婚活では、最初のデートで女性の分まで負担をしてあげようとする男性ほど、真剣度が高いのは間違いありません。

しかし男性の好意に甘え、負担をかえてしまう女性は、遠からず見切りをつけられてしまいます。

だからこそ、

・初デートで男性を立てる。

・自分の分はきちんと払う。

・払おうとする意志をきちんと見せる。(払おうとするのではなくて払ったほうがいいです)

たったこれだけのことをするだけで、他のライバルたちとあなたを差別化することができます。

これはとても意味が大きいことだと思いませんか?

男性が無意識のうちに恐れていることがこちらです

もし、男性がどうしてもデート代を払おうとするなら、

「では次○日に会いましょう。そのときは私に支払いをさせてください」

と言ってデートの約束を決めてしまいましょう。

これで次へつなげることができた上、男性のあなたへの好感度はグングンアップします。

あなたは想像できますか?男性が心のなかで恐れていることを。

男性は自分の仕事、出世、稼ぎ。これらのことで女性からジャッジされていることを強く認識しています。

そのため、

「俺は結婚したら、この女性の金づる(ATM)にならないだろうか?いいように利用されないだろうか?」

というような、無意識的な恐れを抱いています。

特にそれは、女性が婚活で「結婚したい!」と思うような高スペックの男性ほど、その傾向があります。

そして、この無意識の恐れは、男性誰もが、抱えている不安のようなものです。

だから最初のデートでお金を払いつつも、「デートでは男性がお金を払って当然!」傲慢な態度を取る女性は、男性から秒速で見切りをつけられてしまいます。

そのため、いつまでも婚活で成功することができないのです。

男性に対してフル接待を期待していいのは、20代でありなおかつよほど女性として魅力的な何かを持つ人か、男性が女性に対してかなりの好意を持っている場合に限られます。

あなたが婚活で逆転するためには、そのことをぜひ理解して、婚活で損をしないように、注意して欲しいと思います。

男性のこの習性を利用しましょう

ちなみに、ゴールインを目指す30代アラサーの独身のあなたがぜひ知っておきたいことが1つあります。

それは「男性はお金を使った女性に執着する」という修正です。

男性は、女性にお金をかければかけるほど、その女性の存在が惜しくなってきます。そのため、プロの女性などは、男性にその気があるように見せかけて、どんどんお金を使わせます。

これは婚活で結果を出したいあなたにも参考になる話です。

男性があなたのことを夢中になりどんどんお金を使うようにする。そのためには、最初の敷居は低くしておく必要があります。

つまり、最初のデートで男性に負担をかけない。男性があなたに好感を持ち、関係が深くなっていきそうなときに入ったら、少しづつ男性にいろいろお金を遣ってもらう。

この考え方が大切です。

これについては別の記事にてより詳しくご説明したいと思いますが、ここではまず、最初の段階で男性に負担をかけさせないこと。

「この女性は他の婚活女性とは違うかもしれない!」

と認識してもらうことが一番大切なポイントです。

最後に

以上まとめると、このページであなたにお伝えしたいことはこちらです。

最初のデートでは絶対に男性に悪印象を持たれてはダメ。

そのためには、男性を立てて、そして必ず会計はあなたの分を支払うこと。間違っても男性が払って当然的な態度を見せないこと。

これに尽きます。

男性にリードされ、お金も負担してもらい、「好意を持たれている」「尽くされている」を実感したい。

それは分かります。そういう男性が今すぐ現れて結婚できればそれはそれでめでたしめでたし。

しかし、あなたが今婚活をしているにも関わらず彼氏ができず、デートから進展しないまま結婚できないなら、まだあなたにはできることがあります。

特に最初のデートで上手くいかずに続かないあなたには、このページでお伝えしている話はきっとあなたの参考になると信じています。

ぜひ、参考にしてみてください。あなたの婚活の成功をお祈りしています。

結婚できる確率を5%でも10%でもあげたいあなたにおすすめの自己投資法