最近婚活で出会ったあの人が予定をはっきり教えてくれなくなった。そのときはもう

彼が電話に出ない・・・

大人の婚活で欠かせないのが、分かれるときのマナー。

ハッキリと、「もうあなたとは別れます」と言うのも筋かもしれませんが、その前に、だんだんと相手と会う回数を減らしていく。LINEの頻度を落としていく。

そうすることによって、「この人は自分とフェードアウトしたいんだな」ということを察してもらう。それこそがある意味、婚活における思いやりです。

しかし。空気が読めないと、相手の人も困るし、あなた自身が最終的に傷つきます。

そこで、あなたが婚活をしていて、気になる男性から次のような兆候が見えたときは要注意。男性はあなたと、フェードアウトしたいと考えているかもしれません。

1・連絡の頻度が落ちた

以前は毎日のようにLINEが来た。しかし今は、全然男性から来ない。自分から連絡しなければ、やりとりができない。

これはフェードアウトの基本。女性も同じことをしますが、これは男性も同じ。興味がなくなった人。距離を置きたい人には、連絡しなくなります。

2・予定を聞いても、はっきり教えてくれなくなった

「今度いつ会えますか?」という話をしても、「最近忙しくて予定が分からない」とか、「今度こちらから誘うよ」とか、予定を聞いたらあいまいに答えてくる。

この場合、男性はフェードアウトを現実的に考えています。

気持ちが離れている証拠なので、もしあなたが相手に対して気持ちがあるなら、挽回の行動を起こした方がいいでしょう。

3・話を聞いてくれなくなった、表情が冷たくなった

男性は気になる女性の前でがんばります。だから、女性の話を笑顔で聞いて、女性の機嫌を損ねないよう、最大限の努力を払います。

しかし、どうでも良い女性には笑顔を作ることすら、惜しむようになります。

最近会っても楽しそうではない。無表情だったり、注意力が散漫な様子だったら、男性の気持ちが離れている証拠。

あわせて、連絡の頻度も減っていることでしょう。

4・スキンシップしてこなくなった

以前は手を握ったり、スキンシップして、「あなたは特別な女性です」と表現していた男性が、そういうことをしなくなる。

これもわかりやすいフェードアウトのサインです。

つまりはもう、「あなたには興味がなくなってしまいました」という男性の声なき主張なので、「そうか、この人は私と離れたくなっているんだ」と察するのが吉です。

5・デート時間が極端に短くなった

せっかく会えてもすぐ解散。一緒に時間を過ごしてくれない。そう、男性の気持ちと行動は本当にシンプルです。

会いたい女性。一緒にいたい女性になら、何時間でも頑張ってしまうのが男性という生き物。

せっかくデートしているのに理由をつけて退散しようとしていること。それはすなわち、私はあなたのことに興味がなくなっています、というサインです。

ここまできたら、もうその人との関係をなんとかするのは、厳しいかもしれません。

まとめると

婚活で大切なのは、お相手の気持ちを尊重しつつ、あなたと男性が、納得した決断を下せることです。

この意味で、フェードアウトというのは決して失礼な行動ではありません。

なので、お相手がフェードアウトのサインを見せたら、それは、「他の男性を探して下さい」のサイン。

「ご縁がなかった」と考えて、別の男性との出会いを求める始まりですが、捨てる神あれば拾う神あり。

せっかく婚活でさまざまな男性と出会うチャンスを得ているのですから、時間をムダにする必要はありません。

早めに空気を察し、ぜひ、新しい一歩を踏み出しましょう。もしかしたら、もっと素晴らしい出会いが、待っているかもしれないのですから。

こちらもどうぞ

最低限知っておきたい婚活で嫌われる女性の特徴