結果論から言えば長財布の年収法則はウソ

本当なの?

あなたはこんな話を聞いたことありませんか?

「金運アップのために大切なのは長財布を持つこと。そして目標年収の200分の1の長財布を使うこと。なぜなら、購入した財布の金額✕200倍が年収になるから」

一時期、非常に流行した話なので、もしかしたらあなたも聞いたことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

これを守れば年収1000万オーバー?

ポイントは、

1・長財布を使う。お金が綺麗におさまるので、金運アップにいいらしい。

2・目標年収の200分の1の財布を買うこと。年収1000万を目指すなら5万円の長財布を買うこと。

という話。

これは一体本当なのか?金運アップにつながるのか?一つの意見として、お読みいただければ幸いです。

財布と年収は関係ない!

まず結論から言うと、長財布と収入の話は全く関係性、再現性がない「経験則」というのが個人的な感想です。

なぜかというと、私自身が5万円の茶色の長財布を使っていたにもかかわらず年収200倍にはならず。

一方でダンヒルの黒い二つ折りの財布(3万円)を購入したその年に年収が250万アップ。翌年も、同レベルの年収を稼ぐことに成功。

結果論として、年収200倍以上の収入を稼げたからです。

ところがそれから翌年(つまり2年後)、黒い二つ折りの革財布(4万円)を購入。その年の年収は50万ダウン。

このように、結果としては財布と年収の関係を実感することはできませんでした。

世の中にはホントの話とそうでない話がある

まぁ当たり前の話かもしれませんが、誰もが財布の金額✕200倍の年収が稼げていたら、世の中お金に困る人なんていません。

いなかでたむろしているヴィトンの長財布を持っている血気盛んな若者たちは皆、年収1000万15000万になっているはず。

でもそうなっていないし、実際のお金持ちと言われる人でも、実は質素で、安い二つ折りの財布を使っている場合もあります。

なので、結局財布と年収の関係は微妙。無理に高い財布に手を出す必要はないのかもしれません。

金運アップに大切なのは財布そのものじゃない?

長財布を使えば確かに、お金がスッキリおさまっていい感じがします。

ただそれと実際に年収がアップするかどうかというのは、完全に別の話。財布の色と金運の関係も同じです。

財布の色を変えれば開運できる?金運アップできる?

そういったことを気にするよりもむしろ大切なのは、財布そのものの扱い方。

綺麗に整理して、汚れないように大切にする。つまり、お金を扱う意識そのもののほうが、金運をアップさせるために、大切なことだと感じています。

まとめ

以上、長財布を使えば年収アップするのか?財布の購入金額の200倍が自分の年収となるのか?

個人的な体験からは、一切その事実を確認することができませんでした。

なので、この手の話は「そういう人もいた」というくらいの気持ちで理解しておくことが大切です。

そして、もし財布の話を気にするなら、覚えておく話はこれ。

「財布の中が汚い人=お金が逃げていく人。財布の色とか形とか、そういう話以上に、財布の扱い方を注意したほうがよほど金運はアップする!」

という話で、この記事をしめさせていただきます。参考になれば幸いです。