30を超えても結婚できない女性はどこかで男をなめている

男性をなめる女性

この記事では少し、不思議な話をします。

ちょっと信じたがたいところもあるかもしれませんが、もしあなたが少しでも「ピン!」と来ることがあればぜひ、参考にしてみてください。

はじめに

まずここに、こんな女性がいます。

彼女は当時31歳。率直に言って、「今までの人生で男性に困ったことがないほどの美人」といえば、その容姿のレベルの高さを想像してもらえると思います。

その彼女は20代の頃は医学部の学生やメーカーの某有名企業勤務の若手だったり、うまく結婚できればまさに勝ち組。誰もがうらやむ結婚ができる女性ですが、なぜか最後の最後で、ダメになってしまいます。

彼女から男性をフッたこともあれば、男性からフラレることもあります。いずれにせよ、結果として、彼女はモテるけど結婚できない。

そんな女性の典型です。

そして、30代に入り、本格的に焦った彼女はお見合いや婚活。ありとあらゆるツテを使って結婚を試みますが、それでも結果は出ません。

一体それはなぜなのか。その本当の理由は、こんなところにその原因があるように思います。

結婚できない原因は男性をなめた態度

その女性は当時私が付き合っていた彼女(彼女も当時31歳)の親友です。

それで3回。私と彼女と女性と3人で一緒に御飯を食べに行き、正直に言うと恥ずかしいですが、めちゃくちゃ気になりました。

下心を持たなかったといえば、ウソになります。ただ、なんとなく「近づきすぎてはいけない」というオーラを発していました。

それはなぜかというと、ところどころ、男性をディスる、もっとはっきりいえば、男性をなめている雰囲気が伝わってきたのです。

話すときは、一般論的に男性芸能人をディスることがあったり、親友の彼氏であった自分にもハッキリと物を申し、マウンティングのような言動を見せることしばしば。

それで自分的には「そりゃこういう女性なら男は逃げるわな」と納得したことを覚えています。

気が強いという話ではなく、なんというか、彼女の根本に男をバカにしているような雰囲気が感じられたのです。

害になるのが母親の父親ディスり

なぜ女性からそんな雰囲気が感じられたのか?

気になって、中学以来の付き合いである当時の彼女に、その女性についていろいろ聞いたのですが納得。

その要点をまとめるとこう。

1・女性の母親は看護師で気が強い。学校にもバンバン文句を言うタイプだった。

2・離婚している。そして、別かれた父親の悪口を言っていた。

3・「男はダメ。信用するな」が口癖。それで彼女が付き合った男性にもあれこれ口を出したらしい。

このように、女性の無意識のなかで、男→下の存在→信頼してはいけないという、考え方があるらしく、だから結婚という話になっても、女性がそのチャンスをぶち壊す。

そういう傾向があることが分かったのです。

それはたった3回会っただけ。そして、当時の彼女からの伝聞で聞いて察せられるほど明らかな状態だったので、まぁあなたにもいろいろ、察してもらえると思います。

男性が一緒にいたくない女性

ここで言いたいことは何かというと、結局のところ、男性もそこまでバカではありません。

自分のことをバカにしている。一緒にいて居心地が悪い。そういう女性と一緒になりたい男はいません。

一緒にいればいつもマウンティングされる。細かいところをあげつらってディスられる。「あなたはまだまだ」とダメ出しされる。

そりゃどんな美人でもうんざりしますよ、マジで。それで、なぜそんな男性の気持ちを逆なでするようなことをするのか。

収入がどうだ。お金の使い方がどうだ。その発言の本質は、男性は自分の思い通りになる。もしくはなるべき。

男性を下に見ている深層心理ですが、なぜそうなってしまったのか。

その答えを探そうとするときやはり、女性の母親の影響というのは、決して小さなものではないことが分かります。

娘は母の不幸を背負う

母親の傲慢さに嫌気がさして家を出た父親。

そして、四六時中家を出ていった父親の悪口を言い、「あなたはあんなダメな男と一緒になるな!」と説教される。

そういう環境で育てば、そりゃ男を見る目も歪むだろう、という話です。

だから、彼氏ができても、無意識のうちに男をなめて怒らすような態度をしている。それは、中学以来の付き合いがある親友の彼氏にすら、そういう態度を無意識にとっている。

それだけで、いかに事態が重要なことかは明白です。

普通は親友の彼氏を不愉快にさせるような言動は避けるはずですが、個人的にはそれは本人の意志ではなく、何か根深い問題が隠れているように感じました。

だから、そのことをここで、あなたに伝えたいと思うのです。

結婚できない本当の原因は

結婚できるできない。それは、容姿とか、出会いとか、そういう問題に原因を帰結しがちですが、果たして本当にそうなのか?

私は、この女性のことを思い出し、改めてそのことを考えています。

当時彼女は31歳だったので、今はアラフォー。そして、未だに結婚は果たせていないという話を聞いています。

このことから改めて、結婚できるかできないか。それは美人とかどうだとか、そういうことではない。

少なくとも、いろんな男性と出会っているにも関わらず結婚にまでつながらない。そういう話もたくさんあるのは事実です。

男性も女性も根は同じ

ところで、このような話は女性だけの問題のように思いますが、男性も実は同じです。

世の中には女性不信の男性がいて、そういう男性は実は、母親との関係がうまくいっていないケースが少なくありません。

そう、先程の女性の例とは逆のケースです。

彼女はいる。そして同棲もしたことがある。しかし、結婚となると及び腰。そして、その「誠意のない態度」に彼女を激怒させ、ご破産。

結婚できずにアラサーアラフォーになっていく。そういうケースです。

こちらに関しては具体例を書くことを省略しますが、結局のところ男女関係で問題が出る。彼氏彼女ができても結婚にまで発展しない。

そこには、根深い問題がある可能性がある、という話です。

恋愛観と結婚観を見つめ直す

あなたは今までどのような男性とお付き合いしてきたでしょうか?もし、あまり男性とお付き合いしたことがなければ、それはなぜでしょうか?

それは本当にあなたの責任でしょうか?実は、お付き合いをするチャンスがあったにも関わらず、それを避けようとはしなかったでしょうか?

もしそうであるなら、その理由は何でしょうか?

こういう話は理論ではないので、明確にその根拠を示すことは難しいかもしれません。

しかし、恋愛でうまくいきそうになったらダメにしてしまう。結婚しようと思えばできたけど、その途端、自分でそのチャンスを破壊してしまう。

もしくは急に邪魔が入ってダメになってしまう。

このようなことに思い当たる場合は一度、あなたが持っている男性観。結婚観を見直してみてはいかがでしょうか。

例えば、あなたのご両親はどのような関係だったでしょうか。

どちらかの親がどちらかの悪口を言っていなかったでしょうか。母親の男性に対する態度はどうだったでしょうか。

あなたは親から、結婚についてどのように言われてきたでしょうか。

こういうことを自分自身で見つめ直すうち、どこかに歪みがあることに、気づくかもしれません。

最後に

人の心理というのは不思議で、目には見えませんが、確実に、現実世界において、その結果に影響を与えています。

私達は、結婚できない=容姿や出会いのチャンスといった、目に見えるものに原因を求めがちです。

ところが実際のところ、事態はそんな単純な話ではなく、結婚できるチャンスがあっても、それはなぜだかは分からないけれど、自分自身でぶち壊してしまう。

そういうケースがあるのです。

もしかしたら、あなたが男性と出会えないのは、そのチャンスがないのではなく、あなたの深い何かが、男性と出会うことを拒否しているのかもしれません。

結婚することを、避けているのかもしれません。

人は自分の本当の気持ちを、案外分かっていないものです。だからこそ、なぜあなたが結婚していないのか。本当に結婚したいと思っているなら、なぜしていないのか。

今まで全くそのチャンスがなかったのか。それとも何か別の原因があるのか。一度じっくり、考えることをおすすめしたいと思います。

あわせて読みたい

婚活で高望みするあなたが結婚できない本当の理由