悪魔退治の武神!タケミナカタのご利益とおすすめ神社

諏訪大社

諏訪大社の祭神であり、武勇の神様として知られているのがタケミナカタ(建御名方神)。

お諏訪さまとしても知られるタケミナカタはどんな神様なのか?どんなご利益があるのか?

分かりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

どんな神様?

タケミナカタはオオクニヌシの息子。

国譲り神話において、アマテラスの命令に対して最後まで抵抗した、気骨がある神様として知られています。

巨大な大岩を軽々と持ち上げる剛力の持ち主ですが、タケミカヅチとの競争に負けて諏訪湖のほとりに隠遁。諏訪の祭神として祀られています。

タケミナカタはその武勇にまつわる伝説が多く、武士たちに武神として崇められることに。

鎌倉時代の元寇では、竜神としてその力を奮った伝説が残されています。

一方で、タケミナカタは風の神様として農民を中心に庶民たちの信仰されます。人々の暮らしを守る生活に根ざした神様としても知られています。

ご利益は?

タケミナカタは武神であり、風の神様。

そのご利益は武運長久などの勝負運だけでなく、開運長寿、五穀豊穣、交通安全といった、日常生活に根ざした、幅広いご利益があると言われています。

主祭神として祀られている諏訪大社では、武運長久をはじめ、開運長寿、商売繁昌、所願成就など、訪れた人に様々なご利益をもたらすパワースポットとして有名です。

ポイント

武神であり風の神様。勝負運アップはもちろんのこと、人生開運、願い事の成就など、幅広いご利益あり。

タケミナカタを祀っている神社は?

祀られているのは諏訪社です。長野や新潟を中心に、全国で5700ほどタケミナカタを祀る神社があります。

特に有名なのはこちらです。

諏訪大社

諏訪神社総本社で、日本国内でも最古の歴史を持つ、由緒正しい神社です。

そして、諏訪大社は日本有数のパワースポットとして有名。

諏訪湖の周辺に4つ神社があるので(前宮・本宮・春宮・秋宮)、全て参拝するのは時間がかかります。

その分、様々なご利益をいただけるので、諏訪大社を巡るなら4つすべて、参拝したいところ。

小ネタ

諏訪大社は、かの武田信玄が篤く信仰を寄せた武田家ゆかりの神社。

1582年3月の武田家滅亡のおり、織田軍が諏訪大社を焼き討ち。それが3ヶ月後の本能寺の変を招いたという話が『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(P60~)に載っています。

一方、諏訪の地に入った徳川家康が織田軍によって焼き討ちされてしまった諏訪大社を復興。

現在でも残っている建物は、1608年に家康が送った門。軍神であるタケミナカタを味方につけた家康が天下の主になった話は、非常に興味深い話です。

「人生で大きく成功したい。それなら、多くの人のサポートが必要。神様を見方につけるということは、他の参拝者たちを味方にすること」

という指摘は、神社参拝でご利益を得る上で、ぜひ覚えておきたい話です。

アクセス

それぞれ4つ、神社があるので車でのアクセスが便利。中央自動車道「諏訪IC」か「岡谷IC」が最寄りです。

まとめ

縁結びの神様で有名なオオクニヌシの息子であり、武神の神様。それがタケミナカタ。

主祭神として祀られている諏訪大社は日本屈指のパワースポットであり、そのご利益も万能。

人生の転機にぷらっと神社でご利益を得たい。自ら人生を切り開き、勝利したい方は諏訪大社へ参拝。

タケミナカタのご利益をもらうのがおすすめです。