氏神神社に参拝すれば人生が驚くほど開運する?

地元の神社

「これから人生開運して、今よりもっとマシな人生を送りたい!」

そんな方におすすめの神社があります。

それが、氏神神社です。

このページでは、そもそも氏神神社とはどんな神社なのか。なぜ人生開運におすすめなのか。

コンパクトに大切な情報をお伝えします。開運に興味をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

はじめに

氏神神社とは、先祖代々同じ氏姓を持つ祖先神を祀った神社のこと。

例えば天皇家のご先祖様はアマテラス大神であり、伊勢神宮が天皇家の氏神神社にあたります。

アマテラスってどんな神様?ご利益は?

氏族によって神社が決まっており、自分の氏神神社はどこなのか。

それを知ることが自分のルーツを知ることであり、開運するためのコツになります。

なぜなら、氏神神社は先祖代々、あなたの一族を護ってきた神様。どこの神社よりも大切にしたい神社だからです。

氏神神社を知る方法は?

あなたの一族の氏神様を調べる簡単な方法は、各都道府県にある神社庁に電話し、住所氏名を伝え、氏神様を聞くことです。

ずっと同じ地域に住み続けている場合は、あなたの家から一番近い場所にある神社に電話で問い合わせれば分かる場合があります。

ただ確実に一族の氏神様を知りたい場合、神社庁に聞くのがおすすめ。住所を伝え、正しい氏神様を教えてもらいましょう。

「我が家は転勤族でいろんな土地を渡り歩いてきたのですが」

など、先祖代々の氏神様が分からない場合は、今住んでいる地域の土地神様をかわりに、氏神様として祭りましょう。

ちなみに参拝は毎月1日と15日、午前中にするのが吉。時間を作って、ご挨拶にうかがうのが開運のコツです

開運のおすすめステップ

氏神様は先祖代々、一族を護ってくださる神様。

人生開運のご利益を期待する場合、別の神様にご挨拶に伺う前にまず、一族の氏神様にご挨拶に伺うことが開運のポイント。

自分の氏神様すら大切にしない人の願いを叶えたい神様はいません。

そこでまず大切なのは自分のルーツ。ずっと一族を護ってきた氏神様を知り、ご挨拶に行くのが先決です。

まとめ

氏神神社は、あなたの一族を先祖代々に渡って守護してきた神様です。

開運の秘訣は感謝の気持ち。どんな神様が先祖代々一族を守護してくださったのかを知り、感謝を伝えることは人生開運の基本です。

氏神様を知らない場合は神社庁に電話し、あなたの氏神様を確認。神社に参拝して、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

人生驚くほど、開運できるかもしれません。