運を落とさないために距離を置きたい5つの口癖の持ち主

それは一発アウトです!

運は人を介してやって来ます。

身近にいる幸運な人に近づき、彼らと良い関係を築く。それによって運のおすそ分けをもらうことができます。

一方で意識的に避けたいのがネガティブな口癖の人

口を開けば不平不満の人は論外で、秒速で距離を置く必要があるのはもちろんのこと、次の5つのネガティブな言葉を口癖にしている人とも、適切な距離を保つことが運をダメにしない大切な習慣です。

スポンサーリンク

できない

まず否定から入る典型的な人が口癖になっているのがこれ。

「これはできません」「あれはできません」「無理です」

こんな言葉ばかり耳にしていれば、本来できたはずのことすら、本当にできなくなってしまいます。

特に、身近でこの言葉を連呼する人はあなたの運勢をぶち壊す可能性がある要注意人物です。

あなたが「できない」という言葉を耳にしたときは、できることを頭に浮かべ、マイナスの言葉を打ち消していくことが大切です。

ついてない

運を下げる要注意ワードがこちら。

もしあなたの身近にやたらとツイてない人がいれば、ぜひじっくり観察。その人がどんな言葉を口癖にしているのか。

チェックしてみてください。

すると、高確率で「ついてる!」と言っているのではなく、「ついてない!」というような、運を否定する言動をしているのが分かるはずです。

別に本当についていてもそうでなくても、事実はどうでもいいのです。大切なのは、自分はついていて、運がいいと考えることが大切なのです。

この意味で、「ついてない!」という言葉は危険度が高いです。身近でこの言葉を発する人がいれば、距離を保って運を奪われない工夫をしていきましょう。

最悪

メンタルの変動が激しい人がよく使う言葉ですが、これも非常にまずい。

大したことでなくても、おおげさに「最悪最悪」と連呼されると、状況が必要以上に悪化してしまう可能性があります。

「最悪」という言葉を聞いたら慌てず急がず最悪でない事実を見つけ、影響を受けない心の工夫が必要です。

嫌だ

いやいやいやも好きなうちとかそういう話ではなく、単純にこの言葉を聞かされれば、やる気が奪われます。

そう、この言葉は人のエネルギーを奪う人が使う典型的な言葉。

「私はこれがイヤなの」と言うことによって、人から感心をもらい、エネルギーを奪う。これが彼らの手口です。

「嫌だ」と言う人は完全放置して、あなたは好きなことに意識を向けていくことが大切です。

疲れた

最後に、ふと誰もが口にしやすいけれど、運を下げる危険度が高い言葉がこちら。

「疲れた・・・」と連呼していると、顔の表情が暗くなります。そして、体は重くなり、本当に疲れてきます。

ちょっとしたことでも面倒になって、やる気ダウン。運気が下っていきます。無意識にこの言葉をつぶやいている自分を発見したら、別の言葉で打ち消しましょう。

まとめ

身近にいる人の発する言葉。それは特に意識しなくても、そっと耳に入ってくる重要な言葉です。

それはじわりじわり、無意識に浸透して、自分の一部となってしまいます。

もし身近に、心がネガティブになるような言葉を四六時中吐いている人がいれば、その言葉によって、人生が毒されてしまう可能性があります。

だから、ネガティブな人の近くにはネガティブな人がいて、それが連鎖しているのが世の中の仕組み。

そこから抜け出したければすることは一つ。やる気がなくなる言葉。元気がなくなる言葉を吐く人の近くからは遠ざかる。

完全に関わりを経つのが無理なら、可能な限り接する時間を少なくする。そして自分自身が、やる気が出る言葉。元気が出る言葉を発する人のところへ近づいていく。

たったそれだけの努力でも、驚くほど運に影響が出ます。言葉のちからは、大きいですよ。

あわせて読みたい

運気を上げる手っ取り早いコツは運のいい人と付き合うこと。では身近に運のいい人がいないなら?

悪運退散。今すぐできる悪運を払う試み

試して得する?開運ゲン担ぎ法まとめ